stMind

You'll never blog alone

 Keep Tryin'

98年フランスワールドカップ。
デビッドベッカムがミスを犯した。
そしてその試合に敗れたイングランド。
「10人の勇敢なライオンと1人の愚か者」
ベッカムはイギリス国民から戦犯扱いされ強烈なバッシングを受けた。


それから4年後の日韓ワールドカップ。
開催前の4月、CLで左足甲を骨折したベッカム
そのときサンが一面に怪我をした足の写真を掲載し、
「これに手を当て祈ってください」とイギリス国民に呼びかけた。
国民の後押しを受けたベッカムは本大会のアルゼンチン戦でPKを
決めチームに勝利をもたらした。


だから

やなぎ、君も取り返してくれ。
ここで負けたらいかん。
日本国中(僕も含めて(笑))からバッシングを受けても、
それでもプレーし続けて結果を残してくれ。
お願いします。


「あきらめたらそこで試合終了ですよ」