stMind

You'll never blog alone

Perfumeのモーションデータを動かしてみよう

踊るPerfumeのモーションキャプチャデータ公開 GitHubに「perfume-dev」ページ - ITmedia ニュース

perfumeモーションキャプチャデータ(BVH)が公開された!ということでMacで動かしてみました。

準備

サンプルコードとモーションデータをダウンロードします。また、今回はProcessing上で動かすのでOSX版Processingも事前にインストールしておきます。

$ git clone git://github.com/perfume-dev/example-processing.git

モーションデータのコピー

サンプルコードをcloneすると、

$ tree 
.
└── p5f_sample
    ├── BvhBone.pde
    ├── BvhParser.pde
    ├── PBvh.pde
    ├── data
    │   ├── A_test.bvh
    │   ├── B_test.bvh
    │   └── C_test.bvh
    └── p5f_sample.pde

2 directories, 7 files

という状態なので、p5f_sample/dataにダウンロードしたモーションデータ(aachan.bvh, kashiyuka.bvh, nocchi.bvh)をコピーします。
コピー後。

・・・
    ├── data
    │   ├── A_test.bvh
    │   ├── B_test.bvh
    │   ├── C_test.bvh
    │   ├── aachan.bvh
    │   ├── kashiyuka.bvh
    │   └── nocchi.bvh
・・・

実行

Processingでp5f_sample/p5f_sample.pdeを開くと、テスト用のモーションデータを指定してnew PBvhしている箇所があるのでそこをコピーしたPerfumeのBVHに書き換えます。
書き換え前。

bvh1 = new PBvh( loadStrings( "A_test.bvh" ) );
bvh2 = new PBvh( loadStrings( "B_test.bvh" ) );
bvh3 = new PBvh( loadStrings( "C_test.bvh" ) );

書き換え後。

  bvh1 = new PBvh( loadStrings( "aachan.bvh" ) );
  bvh2 = new PBvh( loadStrings( "kashiyuka.bvh" ) );
  bvh3 = new PBvh( loadStrings( "nocchi.bvh" ) );

RunするとPerfumeが踊り出します!素敵ですね!
f:id:satojkovic:20120402030827p:image