読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

stMind

You'll never blog alone

アーセナルらしさとDNA

20141206-170340-8

ネスレカップ 国際女子サッカークラブ選手権2014

後半からでしたが、アーセナルレディースの決勝戦を見てきました。
残念ながら0-2で負けてしまったんですが、随所に素晴らしいプレーがあって良い試合でした。

アーセナルらしさ

ベンゲル監督が直接レディースにプレーを教えているということはないとは思いますが、やってるサッカーはボスの目指すコレクティブなプレーそのもので、ボスの哲学がここまで浸透してるのかとちょっとした感動を覚えました。Boring boring Arsenalは過去の話、今やコレクティブなパスサッカーはアーセナルのDNAとなっているのだと思いました!

それに、後半開始からバー直撃を含む猛攻で完全なるハンドのペナルティを取ってもらえず、さらにはその流れのカウンターで逆に相手にPKを献上してしまう始末...
さらにさらに、猛攻を仕掛けて今度こそという完全なるファールのペナルティはまたしても見逃しで万事休すというあるあるな展開は、見ていてちょっと笑ってしまいそうな感じでした:D