stMind

about Tech, Computer vision and Machine learning

RIL

Read It LaterからPocketへ

RIL

Read it Laterが、名称も新たにPocketというサービスに変わりました。 とはいえ出来ることは変わってなくて、URLを保存して後で閲覧が出来るサービス。

ターミナルからReadItLaterに新規登録する

URLだけ与えると、タイトルを取得してReadItLaterに新規登録するスクリプトのテスト。RILDev/addpage.pl at master · satojkovic/RILDev · GitHub #!perl use strict; use warnings; use Config::Pit; use WebService::Simple; use Encode; use URI::Title; …

RILで登録したままになっているアイテムを確認するテスト

RILに追加してから1週間経過していてもunreadのままになっているアイテムをコンソールで確認するテスト。 #!perl use strict; use warnings; use Config::Pit; use WebService::Simple; use utf8; use Encode; my $conf = pit_get("readitlater.com", requir…

RILで既読数の取得にstats APIを使う

Retreive information about a user's list前回、stateがreadのitemを全部取得して既読数を計算したが、未読数や既読数などの統計情報を取得するためのAPIがあったので、それを使うように変更した。 stats API Method URL https://readitlaterlist.com/v2/st…

readitlaterのAPIを使うテスト

readitlaterでこれまでどれだけの記事を読んだのか調べてみました。 Retrieve a User's List APIのドキュメントはこちら。Read It Later: Developer API: Documentation Method URL https://readitlaterlist.com/v2/get Parameters 必須なのはapikey, userna…